スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「岳」
先週のお話。

封切日に映画「岳」を観てきた。

岳2

石塚真一のコミック『岳』を「ヒートアイランド」の片山修監督が実写映画化。日本アルプスを舞台に、山岳救助ボランティアとして登山者の命を守る青年と仲間たちの姿を描く。出演は「シュアリー・サムデイ」の小栗旬、「曲がれ!スプーン」の長澤まさみ、「大奥」の佐々木蔵之介、「リアル鬼ごっこ2」の石田卓也、「ぼくとママの黄色い自転車」の市毛良枝。【goo映画より】


この映画、原作がマンガということで、事前にブックオフでペラペラと読んでから観ました。

e382b3e3839fe38383e382afe5b2b35b45d.jpg




結論、結構よかった。

まぁ、山が好きだから、山の風景が描かれているだけで興奮しちゃうんだけどね。
でもオリジナルマンガのキャラクターと映画のそれぞれの人物像が上手くマッチングしてるんじゃないかと思いましたよ。

ところどころ、説明不足すぎるシーンがあって「なんで?」という場面に遭遇しますが、これはマンガでも同じようだった。ということはできるだけマンガに忠実にスクリプトを書いてるということで納得しましょう。

一部、マンガと設定が全く異なる事象がありますが、これも映画の(配役の)構成上やむをえん事なんでしょう。
(ストーリーにはなんら影響しませんので・・・と思った・・・ご安心を)


岳1_1~1





小生のよく読む小説家、森村誠一氏や真保裕一氏の作品にはよく山(日本アルプス)が登場する。

先日も一冊読み終えたんですが、森村誠一氏の「純白の証明」の中の一セリフ。


「自らに厳しくした方がよい山登りができますよ。山はどこかに求道的な、ストイックなものがあるからこそよいのです」

と主人公が言う場面があった。


う~む・・・・・小生はまだまだ。




でもやっぱり山はええなぁ。

まだ未経験ですが、北アルプス行ってみてぇぇぇぇ~!








ところで、観に行った映画館、JR尼崎のココエの上なんですが、封切日にもかかわらず1/4ぐらいしか観客いなかった。
やっぱり大阪駅のリニューアルオープン後だったし、そっちにたくさん流れたんでしょうかね。

ココエの上の映画館は会員になると、ほとんど毎回1,000円で観れるので、うれしいのです。
映画館なくならんといてね。




今日小生の友人たちは六甲山に登ってますが、残念ながら私は仕事・・・_| ̄|○ガクッ





ええ天気やったのに。



Comment

管理人にのみ表示する

尼やったら立ち飲みもあるからナイス映画ライフおくれそうですね笑。
私もなかなか大きな山にいけませんが、「山は逃げないけれど
歳はどんどん逃げる」っていう名言?に焦りをカンジております。
ロラおとこ | URL | 2011/05/16/Mon 14:35 [EDIT]
JR尼崎、最近は北側の再開発が進んで昔ながらの居酒屋や角打ちが少なくなったと聞きます。

シネコンがあちこちにできるのは映画好きにはありがたい事ですが、あまりにも観客が少ないと収益上がってるんやろかと、余計な心配してまいます。
酔いどれチロリ | URL | 2011/05/16/Mon 18:30 [EDIT]
ロラ先輩

「山は逃げんけど、歳は逃げて行く」
ほんまその通りですね。
六甲山でのトレーニングもまだまだですが、やっぱり日本アルプスを登ってみたい今日この頃。
地図買って、日々妄想しております。
酔いどれチロリ | URL | 2011/05/16/Mon 18:35 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 大阪酔いどれ日記2. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。