スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
六甲山縦走完了!
とてもよいお天気だった土曜日。

「おっさん岳部」のbuhiさんが肩の負傷から回復の方向で、またご一緒できるようになりました。

buhiさん復帰第一戦は、残っていた分割「縦走」完遂。

銃走路としては摩耶山から六甲山頂までが残っていたので、阪急王子公園駅で集合。

CIMG1710.jpg
小生は阪神の岩屋から歩いて阪急王子公園へ。

CIMG1711.jpg 朝食はカレーパンと野菜/フルーツジュース♪

buhiさんと合流し、歩き始めます。

buhiさんの復帰戦ということもあって、摩耶山の上まではケーブル&ロープウェイで行こうということに。


・・・・・・・がっ!!!


CIMG1712.jpg CIMG1714.jpg
始発は10時!


がーん!!!

まだ8時。(-_-;)




やむなく歩いて登ることに。

CIMG1715.jpg
下界の風景でも楽しみながら登りましょ。だいぶ霞んでるけど。

半分ぐらい来たところで一大決心があり、またそれも変更になったり・・・・。

CIMG1719.jpg CIMG1720.jpg
天上寺の山門からの階段は心臓破りだす。

いろいろありましたが、無事に二人とも摩耶山に到着。

ところでこの天上寺は646年(大化2年)の開創だそうで、摩耶山の名前になっている麻耶(夫人)というのはお釈迦様のご生母だそうです。

何事にも不勉強なワタクシ・・・・・(>_<)

ちなみに摩耶山の正式名称は「仏母摩耶山」だそう。

CIMG1723.jpg CIMG1724.jpg
掬星台への道程で山頂も経由しました。(天狗岩大神の後ろに三角点)

CIMG1725.jpg


掬星台を出発して縦走路を東へ。

CIMG1732.jpg CIMG1734.jpg
縦走路から外れて、六甲山牧場でソフトクリーム♪

CIMG1735.jpg CIMG1739.jpg
丁字ヶ辻を経て・・・・途中でなぜか酒屋によって。

CIMG1746.jpg CIMG1745.jpg
記念碑台に到着。
銅像は六甲山開発の祖、イギリス人貿易商のグルーム氏。

そして・・・・・。

CIMG1741.jpg CIMG1742.jpg
乾杯&ランチ♪

この日はラーメンなし・・・暑さでバテ過ぎでした。

CIMG1744.jpg CIMG1749.jpg
広場では「第1回六甲山SUMMIT」が開催されていました。
この日は6月5日でロッコーの日だそうです。

CIMG7906_20100607100706.jpg CIMG1751.jpg
ランチ後はさらに東へ。
日本初のゴルフ場、神戸ゴルフ倶楽部の間を抜けて行きます。このゴルフ倶楽部も先述のグルーム氏が創ったそうです。

CIMG1752.jpg
途中でみよし観音に手を合わせます。

みよし観音の由来は・・・。
「昭和39年2月16日雪の朝、スチュワーデス麻畠美代子さん(京都市出身)の搭乗機が徳島に向かって大阪国際空港を飛び立って間もなく遭難した。美代子さんは沈着冷静よく七人の乗客を救出し、最後の一人を助けようとして爆発に遭い、猛煙の中に『お母さん~』の一語を残して殉職した。21歳であった。     美代子は生前ミス京都・準ミスワールドに選ばれた。また宝田寮(徳島県)の孤児たちから『蛍の天使』と慕われていた。そして、姿美しく心やさしく、しかもその悲壮な捨身行を観音様の化身とうけとめた純情少年、交通遺児の坂井誠・進兄弟(三重県)は、美代子観音像を建立して、交通安全と大空の守りをお祈りしようと発願し、これに共鳴した五千余人の善意と合力がここに結晶し、六甲山上聖浄の地に、みよし(美代子)観音の建立が成った。」

墜落した場所は尼崎だということです。

これまた無知の小生でした。


ガーデンテラスで小休止。    CIMG1753.jpg 

CIMG1755.jpg
最後のリタイヤポイントをリタイヤすることなく越えて行きます。


そして・・・・・。



CIMG1758.jpg
一軒茶屋に到着。

六甲山全山縦走達成(何分割したんや・・・(^_^;))

お互いを称えます。



しか~し、この後地獄の下山行程が待ってました。(>_<)




CIMG1760.jpg CIMG1761.jpg
途中の写真は省いて、風吹岩に到着。誰もいませんが・・・。
自分の影が伸びてます。

最後の魚屋道はもう暗くなってきて・・・。 CIMG1764.jpg

CIMG1765.jpg なんとか下界に到着。

お風呂屋さんに到着したら、ツンパショビレーヌ!

お風呂から上がったら、替えのツンパスーレワに気がついて、ノーパンにズボン。凹○コテッ



汗を流したら、阪神深江駅近くの「福助」さんで乾杯♪

CIMG7940_20100607102049.jpg CIMG7941_20100607102048.jpg

二人ともヘロヘロです。

CIMG1770.jpg CIMG1772.jpg
ホルモンの鉄板焼きやすじ平でスタミナ回復。




ちょっと無謀だったかもしれない踏破距離は約25kmでした。(>_<)






あ~よう歩いた。

buhiさんお疲れ様でした。



小生は筋肉痛発生防止のため、次の日も6kmほど歩いてきました♪


Comment

管理人にのみ表示する

過激なリハビリビリ~!!!!!!!! (≧∇≦)
ど疲れ様でした~♪  (^o^)ノ

<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!! 

25キロも歩きましたか・・・ 凹○コテッ

あちきも、美術館を2時間ほど歩行を・・・(^o^)ノ
buhi | URL | 2010/06/07/Mon 10:48 [EDIT]
両あにき、縦走ご苦労様でした。
”おっさん”として生を受けたからには
やっぱり縦走やっとかんとあかんのでしょうね、、、。
梅雨明けの炎天下でやるのはキケンっすかね???
ローラーおとこ | URL | 2010/06/07/Mon 10:49 [EDIT]
buhiさん

さすがに一日で25kmはしんどかったですねぇ。

山歩き懲りました?

まだまだお付き合いくださいよ。

(^^♪
酔いどれチロリ | URL | 2010/06/07/Mon 11:03 [EDIT]
ロラお先輩

最後に残ってた行程は舗装路が多くて面白みにはかけましたが、縦走はまぁやりとげた感はあります。

全工程55kmほどだそうです。夏場は大変かもしれませんね。

私は思い残すことなく(一日では踏破してませんが)、これからサワ~ズに方向を定めていけるかと・・・。

\(^o^)/
酔いどれチロリ | URL | 2010/06/07/Mon 11:08 [EDIT]
お疲れさん
懐かしいコース。写真懐かしく見ました。摩耶山ケーブル・ロープウエイ乗継場所から旧天上寺階段で、ばてばてになったのを思い出してました。一軒茶屋からは魚屋道を有馬に下りて、良く風呂に入り、ほっこりしたものです。また行ってみたいと思います。お疲れでした・・・ぁ。
粟田正俊 | URL | 2010/06/07/Mon 11:31 [EDIT]
粟田さん

ありがとうございます。

惜しむらくは、縦走を一日で達成できてないことですが、まぁそれはまたおいおいとすることにしました。

旧天上寺への石段はやっぱりヘロヘロになりますよね。
スタート直後の高度稼ぎは疲れました。(^_^;)
酔いどれチロリ | URL | 2010/06/07/Mon 11:42 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 大阪酔いどれ日記2. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。