スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Brassed Off!
前から気になっていながら、なかなか観てなかった映画を観ました。

DCF_7272.jpg



"Brassed Off!"(邦題:ブラス)

brass1.jpg

廃坑で揺れる炭坑の町の名門ブラスバンドが、苦節をへてコンクール優勝の栄光をつかむまでを描いた群像劇。実在の英国の名門ブラスバンド、グライムソープ・コリアリー・バンドがモデルで、劇中の楽曲は同バンドが演奏し、メンバーも出演者にまじって登場。監督・脚本は『ベルボーイ狂騒曲』(V、92)のマーク・ハーマンで、長編の日本公開作品はこれが初めて。製作は「危険な動物たち」のスティーヴ・アボット。撮影はアンディ・コリンズ 。音楽は「クリフハンガー」のトレヴァー・ジョーンズで、グライムソープ・コリアリー・バンドの演奏曲の合間にオリジナル曲をはさみこんでまとめている。美術はドン・テイラー、編集はマイケル・エリス、衣裳はエイミー・ロバーツ。出演は「ロミオ&ジュリエット」のピート・ポスルスウェイト、「トレインスポッティング」のユアン・マクレガー、「ウェールズの山」のタラ・フィッツジェラルドほか。 「goo映画より」

プロフィール画像にも楽器を使っているのですが、学生時代は吹奏楽部でした。

もともとは、吹奏楽部に入って楽器を吹くなんてことは全く考えてなかったんですよ。

中学生になって、入部しようと職員室に申し込みに行ったのはアマチュア無線部でした。
すでに、小学六年生の時に初級アマチュア無線技師(現在の4級)の試験に合格し、今は懐かしい真空管のTRIOの無線機も小遣いで購入。

中学校のアマチュア無線部の顧問の先生は、「もう免許も持ってて、無線機も持ってるんやったらなんでクラブへ入るの?」と。
お子ちゃまだった私は、その言葉に放心状態でしばらく職員室にたたずんでいました。

そこへ・・・・・後ろから声が・・・・・。

「ほんなら、うちのクラブ入れへん?」

それが吹奏楽部の顧問の先生だったのです。

長くなりそうな話を短くしますと、その先生のお声掛けがきっかけで、その後中学、高校、大学、社会人とアマチュアながら楽器を吹き続けることになったんです。


さて、本題の映画のお話。

映画の内容については、私が拝読させていただいている方が、ブログを上げていらっしゃいますので、そちらもご参照下さい。
「シネマで乾杯!」


この映画の私の目的は、劇中で使われている音楽です。

brass2.jpg

色々な曲が演奏されていますが、私にとって印象に残っている曲は最後の2曲です。

バンドがロイヤル・アルバートホールでの全国大会で演奏した「ウィリアムテル序曲」と、映画の最後で流れるエルガーの「威風堂々」です。

ウィリアムテル序曲は中学時代の同級生(私の時のクラブの同級生は男子が私ともう一人だけで、あとは女子)が吹奏楽を自分からやりたかった理由となった曲だったのです。
この曲のトランペット(コルネット)ソロを聴いた彼は、トランペットでこんな曲が吹けるのかと感動し、吹奏楽を始めるきっかけになったそうです。

もう一曲の威風堂々は吹奏楽をやった人なら、まず演奏したことがあるでしょう。全楽章ではなくても第1番中間部の行進曲部は少なくとも。

日本語で「威風堂々」というこの曲、原題は”Pomp and Circumstance”ですが、特に第1番の行進曲部のことはイギリスでは区別して”Land of Hope and Glory"(希望と栄光の国)と呼ぶそうです。

この行進曲の部分は主にアメリカでは学校の卒業式の時に流れる曲なのですが、イギリス人作曲家であるエルガーの曲が何で?とずっと思ってました。

「学校の卒業式で「卒業生入場」の際にBGMとして使用(1905年にエルガーがイェール大学の音楽博士号を授与されて以来、同大学の卒業式で使用されたのが広まった)音源を流すのではなく在校生の吹奏楽部員による生演奏が行なわれる事が多い 。」 (ウィキペディアに感謝)

だそうです。


「威風堂々」は私の車の中、家のステレオ、PCの中、携帯音楽プレイヤー、全てに入ってます♪

音楽が流れてくると、いつも感動してしまって涙がこぼれそうになります。
(悲しい思い出があるわけではありません。ただ単に曲に感動してです(^_^;))

では、第二の英国国歌と言われる"Land of Hope and Glory"(合唱付)をお楽しみ下さい。







Comment

管理人にのみ表示する

お誕生日おめでとうございMAX! v ̄▽ ̄) イエーイ♪

夏の風物詩!
肝試しに、中学校の音楽室は、定番でした♪
著名人の音楽家の肖像画が・・・(≧∇≦)

そんな話しじゃないって・・・!!┗(-_-;)┛
buhi | URL | 2008/07/08/Tue 10:29 [EDIT]
buhiさん

ありがとうございMAX!

肝試しは嫌いでした。
クラブの合宿の夜にやってましたが、怖いの嫌いです(~_~;)
酔いどれチロリ | URL | 2008/07/08/Tue 11:45 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 大阪酔いどれ日記2. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。