スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本酒専門店 島田商店
昨日、12月29日にようやく今年の仕事納めとなった友人M氏とその友人TQ嬢に同行して、阿波座にある酒屋へ利き酒に行ってきました。

CIMG4399.jpg
阿波座の交差点の下から見上げてみると、なかなかに面白い風景です。

先日、M氏が潜入してなかなかに面白いお店だと言うことで、お連れいただきました。


CIMG4405.jpg CIMG4406.jpg
CIMG4415.jpg
日本酒専門店 株式会社島田商店
住所:大阪市西区立売堀3丁目5番1号
電話:06-6531-8119
営業:AM9:00~PM7:00(土曜日は6:00迄)
休み:日曜日、祝日

周辺にはマンションもありますが、主にはやはり会社が多いのでしょう。
年内の仕事も終了して通りも閑散としています。

到着したのは14時半過ぎ。
もう休日モードに完全突入ですから、明るいうちに呑み始めても大丈夫ですよね。
といっても、あくまでも「試飲」ですけどね。(^_^;)

お店に入って、地下のセラーにご案内いただきます。

セラーの中には丸い大テーブルが二つ。

試飲ができるお酒は栓が開いているもの基本的にOKだそうです。
セラーの中で常温保存されているお酒や、冷蔵庫の中に入れられているもの等、お酒の販売価格に関係なく、全て一杯210円で試飲ができます。

私は初めての訪問だったので、お店の方にまず4種選んでいただきました。

CIMG4410.jpg

左から;
 獺祭 純米大吟醸 精米歩合39%
 竹林
 〆張鶴 「純」 純米吟醸
 香露 純米吟醸

お店の方のアドバイスで、左から順番に呑んでみました。

個別のお酒の感想は個人個人変わってきますので表現しませんが、呑む順番や酔いの程度でどんどんと味が変わってきます。

口直しのアテには、こんなものを出していただきました。

CIMG4409.jpg

手前から、梅干、糸瓜の漬物、そして径山寺味噌。

奥のお味噌がまた絶品。

友人は1パック購入して帰りました。

セラーの中を見回すと、お酒に関する書籍などもたくさんあります。

CIMG4411.jpg

一つの棚には古酒も。

CIMG4412.jpg

こちらは、古酒に力を入れられているそうです。


初めに勧められた4種のお酒の後は・・・。

CIMG4413.jpg CIMG4414.jpg

得月は「久保田」の朝日酒造のお酒です。
精米歩合28%という超大吟醸。久保田の萬壽のさらに上のお酒の位置づけらしいです。

私の気持ちを引いたのは、上の右のお酒。
「浦霞 禅」純米吟醸。浦霞は宮城県の有名なお酒ですね。
精米歩合50%の色んなお料理と合わせやすいお酒だという印象を受けました。

他には、獺祭の精米歩合50%のもの。
私には精米歩合39%のものより、しっかりとした味が口に残り、美味しかったです。
ちなみに獺祭には精米歩合23%のものがあるそうです。
これが現在の日本酒最高の精米歩合だそうです。
こちらは試飲叶わず。


年末最後の営業日だったようですが、比較的にゆっくりとした状態でしたので、お店の方にはご丁寧に説明やアドバイスをいただきました。


気に入ったお酒も見つかったので、買って帰ろうかと思ったのですが、この日はまだ次へ呑みに行く予定だったので、折角の冷蔵状態を維持できないと考え、改めて再訪することにしました。


いやぁ~、良いお店です。


あ~美味しかった。


Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 大阪酔いどれ日記2. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。