スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽園 宮部みゆき
宮部みゆきの「楽園」上下巻、読了しました。



「模倣犯」の続編、と言っていいのかなあ。その事件のあとに起こった新たな事件の物語です。

最近少しずつ思うようになってきた…絶対的な悪人ってやっぱりいるんだろうな、と。
あんまりそうは思いたくはないのですが…。



話は変わりますが、先日DVDで「歩いても歩いても」を観ました。


英語のポスター

阿部寛、夏川結衣、樹木希林、原田芳雄さん等出演です。

犯罪ものでもホラーでもないですが、別の意味で結構怖い?…いや、言葉がちゃうな…つらい、身につまされる映画でした。

家庭内(実家)での描写があまりにも普通で、リアルです。
ああ~、うちもこんなんやったんかなぁ、と。その瞬間、何故か背筋がぞくっとしました。

とりとめもない描写の連続で、特に話の終結点が明確ではないと感じましたが。そんな映画なんです。
なんというか、実家の呪縛みたいなね。(^_^;)


さあ、5月も今日で最後ですね。
今日は梅雨入りしたわりには、カラッと爽快、気持ちの良い日ですが…。


6月もがんばろ♪
スポンサーサイト
11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち
ゴールデンウイーク中に観たDVDです。



左翼も狂気、右翼も狂気の時代の一ページなんでしょうか。
軍人も…三島の時代も今も日本では自衛隊ですが…一般の会社員も思想があるのは極々一部ということなのか。
特に戦後の自衛隊は仕事のなかった若者にはよい就職先だったということだっんでしょうね。

平成25年、果たして自衛隊は日本の領土と日本国民を守れるのでしょうか。

ふと思いました。
私が生まれた年は、前の戦争の終わりからまだ20年ほどしか経ってなかったんですよね。
平成はもう25年。
Copyright © 大阪酔いどれ日記2. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。