カシオ プロトレック PRW-2500
そういえば、先週腕時計を衝動買いしてたのでした。

DSC02015.jpg
CASIO Protrek PRW-2500

最後の最後までPRW-2000と悩んでたんですけど、こっちになった。

2000の方は日の出、日の入りの表示が出るのよね。
2500は日の出、日の入り表示はない替わりに、月齢とタイドグラフがある。

山用だと2000の方かと思ってましたが、値段(少しですが)と20気圧防水の2500にしました。

あと、愛ポーンでGPSデータから現在地の日の出、日の入り時刻を表示してくれるソフトを見つけたのも理由のひとつ。



ヤ~マダ電機で29,400円也。
ポイントが26,000点あったので、2万円をポイントで支払う。



値段が安くなった理由は国産から Made in Thailand になったこと。

タイは微笑みの国だから、その辺は許す!



土曜日の六甲山でデビューしたわけですが、自宅前で高度設定して行った結果、山頂での表示は930m。

なかなかやりよる!(六甲山山頂の三角点は931m)

まぁ、表示は5m刻みなんですが。





これで、しばらく遊べる♪

久しぶりの六甲山・・・ダッシュで登る!
土曜日は久しぶりに六甲山へ。

いつもご一緒のbuhiさんは芦屋川8時半に出発して先行していたので、小生は朝の一仕事を終えてから追いかけることに。

11時阪神芦屋駅前発の阪急バスで東おたふく山へ。
実は目の前でバスに出発されてしまったので、バスがJR芦屋駅を回っている間に走って阪急芦屋川へ猛ダッシュしてエネルギーを一気に使い果たしてしまったのでした。

東おたふく山登山口からドヒワリ峠を経て山頂へ。

天気もよかったせいか、えらい渋滞。

40人ぐらい抜いたか?!

山頂で無事にbuhiさんと合流。
なんとかランチタイムに間に合いました。

DSC02001a.jpg
ビールを買っていくのを忘れて、buhiさん持参のを少し分けてもらった。

DSC02002.jpg
いよいよススキのシーズンへ。

帰りは有馬へ抜けて、かんぽの宿で汗を流してバス停へ。

DSC02004a.jpg
バス出発待ちの一時。


反省会は梅田で。

DSC02005.jpg DSC02006.jpg
DSC02008.jpg DSC02009.jpg
最近の定番、岩崎塾で。
ビールの後は焼酎のボトルを二人で飲み干した。


ホルモンの後・・・実は・・・(^_^;)


DSC02010.jpg DSC02011.jpg
金久右衛門でラーメンも食べた。


締めは、某店でダブル表面張力♪

DSC02012.jpg





間違いなく、摂取カロリー-消費カロリー=デブまっしぐら!!!凹○コテッ






帰路、新しい技を生み出しました。

名づけて、1ビンタ1パス!

ビンタは従来通り、乗り過ごし(1回)
その後、リターンの電車を待つ間にホームのベンチで寝落ち。
乗らなあかん電車に気がついたのはドアが閉まったあと・・・_| ̄|○ガクッ
その次の電車には乗れました。(^_^;)

よって、1ビンタ1パス!



こんなんでええのんか?おれ???!!!







あ~楽しかった。

木曽駒ケ岳写真集
もう登頂からだいぶ経って、ニュース性もなくなってしまったのですが、とりあえず写真だけでもあげときます。

(^_^;)

DSC01831.jpg DSC01832.jpg

DSC01834.jpg DSC01842.jpg

DSC01836.jpg DSC01840.jpg

DSC01844.jpg DSC01850.jpg

DSC01852.jpg DSC01853.jpg

DSC01864.jpg DSC01866.jpg

DSC01877.jpg DSC01885.jpg

DSC01898.jpg DSC01897.jpg

DSC01901.jpg DSC01902.jpg

DSC01907_R.jpg

DSC01915.jpg DSC01920.jpg

DSC01922.jpg DSC01926.jpg

DSC01928.jpg DSC01933.jpg

DSC01923_R_20111013145804.jpg


以上、登頂までの写真でした。




ええ天気でよかった、よかった♪



木曽駒ケ岳
10月1日の土曜日は木曽駒ケ岳に登ってきました。

まずは山頂からの写真をどうぞ。

DSC01923_R.jpg

お天気最高~!

登頂記はまた後ほど。

Copyright © 大阪酔いどれ日記2. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈