FC2ブログ
週末の六甲山 灼熱のトレーニング
土曜日は久しぶりに六甲山に帰ってきました。

11日に白山に登って、13日には比叡山。そして21日に六甲山って、自分でもよう行ってるなぁと感じる今日この頃。

しかし、この前の比叡山も暑かったけど、まだ曇ってたから湿度との戦いだけでしたが、今回は・・・(>_<)


暑い!アツイ!熱い!


暑さとの戦いでしたわ。



CIMG2407.jpg CIMG2408.jpg
CIMG2409.jpg CIMG2411.jpg
高座の滝からロックガーデンを進む。
直射日光が頭と背中に突き刺さるので、体力の消耗が早いんです。

CIMG2415.jpg CIMG2416.jpg
途中で、前回の六甲山の時にbuhiさんがなくしたステッキを捜索するためウロウロ。

残念ながら発見に至らず、捜索隊解散・・・_| ̄|○ ガクッ

でも途中で猪に襲われたかと思われるリュックサックを発見。
放置されてました。

このちょっと手前を歩いていたら、突然「ブヒブビィー!!」そして「ズザザザァ~!」と音がしてビビッたぁ~。


CIMG2417.jpg CIMG2420.jpg
風吹岩では休憩せずそのまま前進。
雨ヶ峠を経て本庄橋跡からの石段をあがると、見慣れない光景が広がっていた。
どうやら砂防ダムの工事が終わったみたい。
ずっと現場があった風景で慣れてたから、なんか変な感じ。

CIMG2421.jpg CIMG2422.jpg
七曲りからではなく、ドヒワリ峠の方向へ。
途中から黒岩谷西尾根へ突入。

CIMG2425.jpg CIMG2426.jpg
誰一人すれ違うことなく一軒茶屋へ。

7時40分高座の滝出発→10時30分山頂到着

この暑さの中で、自分なりにはまずまずのペースでしょうか。
もうちょっと涼しいときには2時間半ぐらいで登ったこともありましたが。

CIMG2428.jpg

CIMG2430A.jpg CIMG2429.jpg
サングラスかけてたらモザイクかけんでもわからんか・・・(^_^;)
独りなので、三角点タッチでゴール。

一軒茶屋まで下りてちょっと早いお弁当を食べましたが、あまりのかたよりで美的に耐えられないので写真はなし。


休憩したら今度は七曲りの方へ下りていきました。

途中のゴルフ場をまたぐところでフェンスが開けっぱなしになっていました。

CIMG2431.jpg

登山者の皆さんへ!(あんまり見てる人いないかもしれませんが)
登山道の上と下に設置されているフェンスはゴルフ場に猪が入らないようするためのものですから、決して開けっ放しにしないようにしましょう。
みんなのためにね。


それと下り道で聞いた話ですが、この日も風吹岩で女性が猪に襲われてリュックサックを奪われたそうです。
(朝、小生が見つけたリュックは別のものですが)

で、お願い!
猪には決してエサはやらないようにしましょう!
猪は人間がエサをくれるものと認識してしまいます。それであげないと襲われる人が出てくるのです。




さて、下山道。

CIMG2432.jpg CIMG2433.jpg
小生の好きな魚屋道。
勝手に「木漏れ日のトンネル」と名づけています。

そしてこの日の蛙岩。

CIMG2434.jpg CIMG2435.jpg
魚屋道も夏の顔なんかなぁ。

登山道が終わってアスファルト道のあまりの暑さにぶっ倒れそうでしたわ。




みんなが気持ちよく登れる山であり続けますように。



この日の踏破距離:17.6km



そういえば、今回は荷物少なめ。

いつもの装備
 マイナス500mlの水
 マイナスガスコンロ
 マイナスコッフェル
 マイナス着替え一式
 マイナスその他小物一式

= 軽かった♪




あ~よう歩いた。

スポンサーサイト



三宮で立ち呑み新規開拓 after 美術鑑賞
先週のいつだったけか?

神戸で用事があったついでにちょっと寄ってみました。

CIMG2403.jpg
神戸市立博物館 ボストン美術館浮世絵展

ボストン美術館、出張でボストンに滞在したときに二度訪問したことがあります。

美術館が広すぎて二度の訪問では全部見切れてませんが。


CIMG2400.jpg CIMG2401.jpg

面白かったです。

江戸時代の風俗習慣がはっきりと、そう写真集のように版画にされているんですね。

浮世絵を美術集なんか以外で大量に見たのはたぶん初めてなので、面白かったです。



さて美術鑑賞も終わったところで、ちょい呑みして帰りましょう。


CIMG2404_20100822183956.jpg
立ち呑みスギノ

三宮から元町に向かって高架下南側を歩くと(小さな)繊維街がありますが、その並びに目立たずにあります。

前から気になっていたのですが、タイミングが合わずようやくの訪問となりました。


CIMG2406.jpg

瓶ビールとベタな立ち呑みアテをいただいて、一日の流れ出た汗(脂汁?)を補給しました♪




またちょい寄りしよう。




この後、高架下の二階にある居酒屋にも寄りましたが、レポートするほどでもなく・・・(^_^;)





あ~美味しかった。

Copyright © 大阪酔いどれ日記2. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈