スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
’09食博覧会・大阪
5月3日、行ってきました食博へ。

CIMG6927.jpg

お昼過ぎぐらいに到着のつもりで向いましたが、道中の地下鉄も会場入り口もすごい人混みでした。

CIMG6925.jpg

とりあえず、着いたらビールを一杯と、心に決めてましたので、なんとか並んでビールをゲット♪

CIMG6932.jpg

ビール購入の列はまだマシでしたが、ソーセージなどの食べ物の列を見てげっそりしました。

CIMG6930.jpg
シュレンケルラ・ラオホ
帰ってから調べてみますと、ドイツのハンブルグでのみ醸造されているラオホ(ドイツ語で煙の意味です)ビールいわゆる燻製ビールはブナの木を燃料として1日以上かけてモルトを燻して出来上がった燻製モルトを使って醸造されたビールだそうです。
色は真っ黒で、燻したスモーキーな独特な香りがして、燻製された食べ物と一緒に飲んでいる気分になります。
アテいらず・・・・・(^^♪

もう一杯は。

CIMG6929.jpg
ヴェルテンブルガー。
種類の名前は忘れてしまったのですが、帰ってから調べたところ、アルコール度数から推定するにアッサムボックというものではないかと。
ヴェルテンブルガーのビールは世界で最も古い修道院醸造のビールだそうです。醸造を始めたのは西暦1050年だということ。
アンバー色よりももう少し濃い茶色でしょうか。
甘みと苦味のバランスがとてもよい、飲みやすいビールでした。

とにかく、最初にビールを買った2号館は人が多すぎたので、さっさと抜けてしまおうと移動していたら、サントリーのブースで角のハイボールが一杯100円というのを見てしまって・・・・。

CIMG6932.jpg CIMG6933.jpg
とりあえず、一杯。呑み慣れた味ですが・・・。


さて、次に向いましたのは6号館Aの銘酒街道。

CIMG6935.jpg CIMG6934.jpg
奈良豊澤酒造の純米大吟醸を有料試飲して。
これは本当に美味しかった。

CIMG6936.jpg
さらに白鹿のブースでも試飲して。

6号館Bの焼酎街道へ移動。

CIMG6937.jpg CIMG6938.jpg

ここでも結構試飲して、気持ちよくなってきました。

CIMG6950.jpg

まんまと一本買ってしまいました。37度の焼酎。
小鶴なんかを造っている小正醸造のものです。

順番が逆ですが、何かおなかに入れないと、と言うことで。

CIMG6944.jpg CIMG6945.jpg
世界のコナモンブースへ。
上がミーゴレン、右がクスクス、左がたこす。
一つ100円の試食ですから、こんなもんです・・・・粉もんです・・・・・座布団なし?(^_^;)

その後、大阪ガスのブースでロザンの二人を見て。

CIMG6942.jpg

キリンのブースで

CIMG6941.jpg CIMG6940.jpg

ビールとソーセージで終了。



それにしてもえらい人でした。

小生は、日頃の立ち呑み修行のおかげで、立ちっぱなしが全く苦になりませんでしたけど。




さらに帰ってから呑みましたけどね、次の日が「歩こう会」だったので控えめに。




あ~美味しかった。

スポンサーサイト
Copyright © 大阪酔いどれ日記2. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。