そば処 まる榮
連休が終わってしまいました・・・(T_T)

結構よう遊んだ(呑んだ)なぁ、という感じ。

一昨日の同窓会でもたくさんの旧友、そして恩師との再開を楽しみました。
小生をご担任いただいた先生とは、急なご都合でお会いできなかったことが心残りでもありますが、またいずれ機会があるでしょう。


さて、また連休前のネタですが・・・。

日本橋の電気屋街をたまに覗きに行くのですが、前回の強烈なカツ丼に惹かれてまたまたこちらへ。

CIMG8160.jpg
そば処 まる榮  
住所:大阪市浪速区日本橋西5丁目21-18
電話:06-6634-3606 
営業:[月~土] 11:00~20:00 [日祝] 11:00~19:00 
休み:水曜日(第3水木 連休)

前回はカツ丼でしたが、この日は最初からかつカレーモード全開でした。

12時前に着いたので、待っている行列なし。

早速、かつカレーを注文。しばし待っての登場。

CIMG8524.jpg

カツ丼とは異なり、とんかつは二重構造ではありませんが、強烈なボリューム。
これは大盛ではありませんよ。並ですから。

ルーはそば屋さんの出汁+カレー粉+片栗粉の餡のもの。

ちょっと前に食べた難波の高級とんかつカレーとは全く趣の違うかつカレーですが、これはこれで好きなんです。
同じジャンルの食べ物ではない感じだな。

しかし小生の予想通り、ルーの餡が緩んできます・・・(^_^;)

小生、餡系のものを食べると必ず餡が最後まで持ちません。
昔、「探偵ナイトスクープ」でやってましたが、何チャラという唾液に含まれる消化酵素が多いらしいです。

食べ終わるころにはシャパシャバのスープになってました・・・_| ̄|○ ガクッ



う~ん、カツ丼をいただいたときのインパクトはありませんでした。



やっぱり次回もカツ丼に決定!



汗をどぅれぇぇぇぇええ~~~!とかいてお店を後にしたのでした。





あ~美味しかった。

ふと思い出した、あそこのカレー中華が食べたい♪

元祖とんかつカレー カツヤ
先週のとあるイベントから、なかなかブログアップのモチベーションが上がらないままの今日この頃です。

では、「飲み食いはしてないのか?」と言われれば、呑みにも行ってるし、食べもしている。
さらには、ネタの写真も貯まりに貯まっているのです。

また本日よりぼちぼちと上げていきましょう。

まずは、直近ネタから。

CIMG8294.jpg
元祖とんかつカレー カツヤ
住所:大阪府大阪市浪速区元町2-6-25
電話:06-6631-8988
営業:平日10:30 - 20:30
休み:日曜日

友人である94キログラムさんが前から、「ここのカツカレー一回いってみて。ほんで、注文するのは絶対にCのへれかつカレーやで!」と熱く語っておられました。
なかなか行けずに日々が過ぎておりましたが、ようやく行くことができました。

電車で難波まで行ったのですが、到着の時点ですでに汗どろどろ。
早く20℃前後の爽やかな季節になって欲しいもんです。(^_^;)

お店が見えたころから、どんどこお客さんが入るのが見えたので、「こりゃ並ばなあかんかな」と思ってましたが、意外に奥行きのあるお店。カウンターは空いてました。

一応メニューにも目を通しましたが、注文はもちろん「Cのへれカツカレー」です。

CIMG8290.jpg

しばし待って登場♪

CIMG8291.jpg

とんかつカレーC(へれ肉)、1600万円・・・・あっ、マネしてもた。

ランチでカレーに1600円出すのは初めての体験。

へれ肉はかたまりっぽいカツをイメージしてましたが、たたいてのばされているのね。

CIMG8293.jpg

勝手にビリビリと辛いカレーを想像してましたが、そうではない。
辛さは自分で卓上のガラムマサラで調節するようですね。

今まで数多くのカレーを食べてきて、自分でも何十キロ?何百キロのカレーを作ってきましたが、なかなか「これや!」と言うカレーに出会えてませんでしたが、ようやく自分の目指すべきカレーの味にめぐり合った気がします。

どう言うたらいいんでしょうね~。
表現力の乏しい小生には難しいのですが・・・・。

今までカレーって「ルー」やと思ってたんですね。
それがようやくカレーは「ソース」やと思った・・・・・そんな感じですかね。

益々わからん?凹○コテッ

香辛料がソースの基礎になっているのではなく、煮込まれた野菜がカレーの基礎であることをはっきりと感じるソースでありました。

但し、注文するカレー(値段)によって肉の部位(グレード)だけでなく、ソースのグレードも変わるということですので、AとB、そしてCのカレーは全てかかっているカレーソースも違いますので、お気をつけください。


さて、ソースの話が長くなりましたが、へれ肉ももちろん美味しいです。

ただ、1cmぐらいの厚さにたたかれていることによって、柔らかいのですが、お肉のジューシー感(へれだからもともとさっぱりですが)が少なくなっているかな~、と思いました。

もう少し塊りの状態のへれ肉を食べることが多いので、余計に感じるのかもしれませんが、そこは好みです。

加えて多くのお客さんの注文に対応するには薄く延ばして揚げるほうが時間効率がいいのでしょうね。


とにかく、1600万円(またマネ)のネブチ(=値打ち・・・・・知っている人しかわからん言葉です、すいません)のあるカレーでした。



そうそう、先日手に入れたiphone、中々に役立ってます。

CIMG8296.jpg

真ん中あたりに見える青い丸が現在地ですが、向きも位置もGoogle Mapの上で自動的に動いてくれます。
やっぱりGPS付きのiphoneにしといて大正解やったね。




94キログラムさん、よいお店教えてくれてありがとう。

また美味しいお店ご紹介ください♪





あ~美味しかった。

そば処 まる榮
これまたある日のデカ盛りランチネタ。

電気屋街、日本橋の近くにカツ丼で有名なお店があると聞き、行ってきました。

CIMG8160.jpg
そば処 まる榮  
住所:大阪市浪速区日本橋西5丁目21-18
電話:06-6634-3606 
営業:[月~土] 11:00~20:00 [日祝] 11:00~19:00 
休み:水曜日(第3水木 連休)

カツ丼が有名だということで、到着時にカツ丼の口になって準備万端でした。

やってきました。

CIMG8156.jpg

普通に見えます?

CIMG8158.jpg

ちょっと大きめですか?これで並です。

CIMG8159.jpg

大きなカツが二段重ねなんです・・・(^_^;)

最後の写真は上のカツを半分食べて、下を覗いたところ。

しばらくご飯に行き着きません。



下のカツはドン汁がしっかりしみ込んで、美味しい~♪

上のカツは玉子が乗って、サクサク感が残っていて、美味しい~♪

柔らかいカツです。



決して大盛にして残すことのないように食べましょう。

私は並でも苦しかった。

次はカツカレーにしてみようかな。




ソンナワタシハダイエットチュウ~






あ~美味しかった。

やまと屋 2号店・・・新世界召集呑み(1の3)
友人のbuhi氏がとある用件にて新世界周辺に行くということで、ちょい呑み召集がかかりましたのは先週の水曜日。

CIMG6863.jpg

肥後橋で仕事終わりの小生はもちろん駆けつけましたよ♪

メンバーはbuhiさんとショッカーさん。コレステローラーズのメンバーです。


お二人が先行潜入していたのはこちら。

CIMG6866.jpg
新世界 やまと屋 2号店
住所:大阪市浪速区恵美須東3-3-10
電話:06-6643-6205
営業:10:00~22:00
休み:無休

なんとか一杯ビハインドで追いついたので、再度乾杯をお願いして。

CIMG6868.jpg

新世界で呑むのは20年ぶりぐらいでしょうか。
ちょっと前は萩之茶屋へも行ったりしてましたが、警察署前の暴動に巻き込まれそうになってから、足が向いてません。

やまと屋さんは串かつメインのお店のようですが、2号店はなんでもありの居酒屋の感じです。
お寿司もお鍋料理もあります。食べませんでしたけど。

CIMG6871.jpg CIMG6872.jpg

でも一応串かつは注文します。
このキャベツが美味しかった。

CIMG6869.jpg CIMG6870.jpg

ビールの次は焼酎で。
追加のベーコンエッグやポテトサラダもね♪


ちょい呑みなので、この辺で・・・・・・・このお店はね。




あ~美味しかった。

↓下に続きます♪

ぶえの・・・新世界召集呑み(2の3)
さて、お腹も一杯になったので、少しブラブラと。

CIMG6865.jpg

ジャンジャン横丁のやまと屋さんから通天閣の方へ。

CIMG6873.jpg CIMG6880.jpg
「写真撮って、撮って~!」とせがむbuhiさん。

CIMG6876.jpg CIMG6878.jpg
久しぶりにスマートボールも打ってみました♪
大人の遠足やね。

CIMG6891.jpg CIMG6884.jpg
ぶえの
住所:大阪市浪速区恵美須西2-1-1
電話:06-6631-7900
営業:18:00~3:00
休み:日曜日

阪堺電車の恵美須町駅のすぐ横にお店はあります。

CIMG6885.jpg CIMG6886.jpg

再びの乾杯♪鳥刺し盛り合わせとともに。

CIMG6889.jpg CIMG6890.jpg

あとはもも肉のたたきやもも肉の炭焼きを。
親鳥とひな鳥が選べます。我々は歯応えのいい親鳥をいただきました。

なかなかに、よい歯応えで美味しい鳥でした。


でも、もうおなか一杯~。




あ~美味しかった。

でもなぜかまだ下↓に続くのです(^_^;)

Copyright © 大阪酔いどれ日記2. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈