スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
骨付鳥 一鶴 本店
さて、讃岐うどん巡りも終盤です。

DCF_7700.jpg

すでに5杯のうどんを食べ、そろそろ「おなか一杯~!」との声がちらほら・・・。
私はまだいけそうなんですが・・・(^_^;)

「腹ごなしに」と香川の友人が屋島を案内してくれました。
そうです、あの「源平合戦」で有名な屋島です。

DCF_7697.jpg DCF_7698.jpg

眼下に広がる場所で、那須与一が平家軍の船の上の扇を射ったり、佐藤兄弟の死闘があったりしたのかと思うと、歴史浪漫が広がります。

でも、もう外を歩くのはいいです・・・(~_~;)・・・暑いんです。身体が融けるんです。なんせ脂肪分が多いものですから・・・・・。

屋島を降りたら、もう一杯うどんをと思っていたのですが、他のメンバーの様子からこれ以上は無理かと。なんせ、もう一軒目的のお店が最後に残ってますので。

前回(昨年)のツアー時にもご案内いただいたのですが、またまた「一鶴」へ。
今回は本店に連れて行ってもらいました。

本店は駐車場がないので、近くのコインパーキングへ。
JR丸亀駅のほぼ駅前ですよ。駐車料金はなんと1時間100円!夜間は2時間で100円!
でも、香川の友人曰く、「車なかったら何もできないよ。今は駐車料金の安さよりガソリン代の高さの方が辛い」と。

DCF_7703.jpg DCF_7704.jpg
「骨付鳥 一鶴 丸亀本店」 
住所:香川県丸亀市浜町317 (丸亀駅北)
電話:0877-22-9111
休み:無休

DCF_7706.jpg DCF_7707.jpg
左:ひなどり
右:おやどり(捌いてもらって皆で分けました)

皮はパリッパリで、なんともスパイシーな味。
ビールがすすむ~!でも、運転していただく方もいるので、許しを請うて一杯だけいただきました。
アキさん、Shockerさんすんません。

最後におにぎりをもらって、お皿に残った鳥の油をつけて食べて、これまた「うまぁ~!」でした。


あ~今年も満足しました。

現地の案内をしてくれたゆうぢさん、本当にありがとうございました。
車を出していただいたShockerさん、交替で運転してくれたアキさん、同行のBlueさん、皆さんありがとうございました。

DCF_7711.jpg


あ~美味しかった、楽しかった。


スポンサーサイト
2008年讃岐うどん巡り 5軒目
移動の車内では昨年と同じく、映画「UDON」を観ながら、さらにテンションを高めていきます。

DCF_7679.jpg

さて、お次は・・・。

DCF_7696.jpg
白川うどん
住所:香川県善通寺市櫛梨町500-1
電話:0877-64-0687
営業:10:30~15:00 
休み:火曜日(祝日の場合は水曜日に振替)


DCF_7695.jpg
ひやひや(小)

カレーうどんにも惹かれましたが、そろそろ満腹中枢が機能し始めていたので、おとなしく。

すっきりとした出し汁がうま~!

こちらのお店は「完全手切り」が売り、ということです。
その結果、麺の太さが微妙に違っています。これが、うどんの食感、ノド越しに変化を与えてくれて、これまた「うまぁ~!」でございます。


このお店の定休日は火曜日ですが、今回訪問した他のお店は全て日曜日が定休でした。
だから、土曜日が余計に混むんでしょうね。
今回も、案内してくれた友人のパーフェクトなプランニングのおかげで、スムーズに次々とお店を制覇できました。


日頃の行いがよいのか、食べ終わったら、急に大雨に見舞われました。


あ~美味しかった。

2008年讃岐うどん巡り 4軒目
運転は地元の友人に任せている大阪からの4人組。
どこをどう走っているのか、全くわかりません。

DCF_7692.jpg

釜玉うどん発祥のお店とか。
よく調べてみると熱いうどんに玉子をからめて食べるのは讃岐では昔からの食べ方の一つだったようです。
名前のなかったこのメニューに「かまたま」と名付けたのが山越えうどんさんが初めてということのようです。

DCF_7690.jpg
山越うどん
住所:香川県綾歌郡綾川町羽床上602-2
電話:087-878-0420
営業:9:00~13:30 
休み:日曜日


DCF_7689.jpg
釜上げ卵うどん(小)

うどんが熱々で、玉子の固まり具合が絶妙。

暑さで汗がダラダラ噴出しますが、美味しさにはかえられません。


あ~美味しかった。

2008年讃岐うどん巡り 3軒目
3軒目はちょっと街から離れて。でも超有名店へ。

DCF_7686.jpg

山の中、清流のそばのお店です。お米屋さんの看板です。

DCF_7687.jpg
谷川米穀店
住所:香川県仲多度郡まんのう町川東1490
電話:0877-84-2409
営業:11:00~13:00 (なくなり次第終了)
休み:日曜日

こちらのお店は今回特に行きたかったお店でした。


DCF_7688.jpg
醤油うどん(小)

メニューは「ぬくい」か「冷たい」の種類×うどんの量しかありません。
どんぶりにうどんを入れてもらってお金を払って、テーブルの上の薬味や醤油をかけて食べるだけです。
最初一玉注文して、何倍もお替りしている方もいらっしゃいました。
でも、我々はまだまだ先があるので、一杯で終了。

薬味にネギと名物の青い唐辛子をのせて、醤油とお酢をかけていただきました。

お酢をかけて食べたのは初めてですが、別の食べ物になりました。


こちらのお店、休日は1時間待ちは当たり前だとか。
しかし、営業時間は午前11時から午後1時までの2時間だけ!
平日の12時でしたが、10分ほどで入れました。


あ~美味しかった。


2008年讃岐うどん巡り 2軒目
うどんを一杯いただいて二日酔いから脱却し、調子が上がってきました。

DCF_7678.jpg
讃岐富士


二軒目です。

DCF_7684.jpg
宮川製麺所
住所:香川県善通寺市中村町1丁目1-20
電話:0877-62-1229
営業:8:00~18:00 (売切ごめん)
休み:日曜日

普通の民家の中に、ぽつんと出てきます。
でも、完備している駐車場の大きさから見ると、土曜日なんかはえらいことになるんでしょうなぁ。

DCF_7685.jpg
ひやあつ(小)

こちらのお店は自分で器を取って、好きな量のうどんを取り、うどんを自分で温めた後で好きな出し汁(冷or温)をかけていただきます。

私は熱い出し汁をかけていただいたのですが、鍋の底には大量のいりこが。
いりこも一緒にいただきました。


あ~美味しかった。


Copyright © 大阪酔いどれ日記2. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。