スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泡盛と沖縄料理 沖縄食堂 「風亭」
週末は和歌山から友人が来られました。

たまにお酒を交えての宴に呼んでいただいています・・・って小生の友人はお酒つながりばっかり?

いや、失礼。だって類は友を呼ぶ?ですからね・・・(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


CIMG0759.jpg

待ち合わせは難波。

そういえば大阪場所だったんですね。一度海外からのお客様をお連れして相撲を観に行ったことがありました。

なんだかゴタゴタしてますね、相撲協会。

本当にモンゴルの人はこの一件だけ見て日本バッシングをするんだろうか?
最近のマスコミはナショナリズムを煽り過ぎてないでしょうか?
小生はもともとナショナリストですが・・・Panasonicの電化製品フェチということではありませんよ。(^_^;)


さて、余計は話は置いておいて・・・。

待ち合わせの難波でビールを呑んで久しぶりの再会を喜んだら南海電車で移動です。

向かったのは三国ヶ丘。

CIMG0764.jpg CIMG0763.jpg
沖縄食堂 風亭 ←クリックでお店のページへ♪
住所:堺市堺区向陵中町2-3-13
電話:072-258-7722
営業:PM5時30分~PM11時30分(ラストオーダー11時) 
休み:火曜日+不定休

三国ヶ丘に降り立ったのは初めて。堺で呑むのも初めてかも。

仁徳天皇陵の近くらしいです。教科書でしか知りませんが・・・(^_^;)


CIMG0765.jpg

ビールは難波でいただいたので泡盛でスタート。

泡盛はマスターに選んでいただきました。

最初は「多良川」やったかな?

お料理の注文はほとんど友人にお任せしました。

CIMG0766.jpg CIMG0767.jpg
CIMG0768.jpg CIMG0769.jpg
CIMG0770.jpg CIMG0771.jpg
CIMG0772.jpg CIMG0773.jpg

島らっきょ、ミミガー、島豆腐、スパムと玉子焼き、ポキ(まぐろ)、手羽の唐揚げ、ソーキ、そしてフーチャンプルなどなど。

多分初めて食べましたが、ミミガーが美味しくておかわりしました(^^♪

どれも美味しかったです。



泡盛の〆は「白百合」というお酒でした。

マスター評ではお店の中で最も癖のあるものだそうで、味わいというか香りも「かび臭いかも」と言うことでしたが、本当にカビの風味?が・・・・(^_^;)

でも、酔っぱらってくるとどんどんと癖のあるお酒が欲しくなってくる小生。

〆のお酒にはぴったりでした。




お料理の〆はやっぱりこちらで。

soki.jpg

ソーキそばだけ写真を(酔っぱらってたから?)撮り忘れたのでお店のHPからお借りしました。



あんまりいただく機会のない沖縄料理ですが、美味しいですねぇ。



近所にあったら入り浸ってしまうかも。



沖縄の三線の音楽が流れていて、ゆっくりと時間が流れていくのを感じることができました。






Mさん&Mさん、ご案内ありがとうございました。






あ~美味しかった。

スポンサーサイト
Copyright © 大阪酔いどれ日記2. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。