六甲徘徊の日
お正月休みで増加した体重を減らすのがもっぱらの課題の今日この頃。
みなさんはいかがですか。

新年の仕事がスタートしてから二週間が過ぎましたが、なかなか身体が慣れません。

最近疲れがとれにくくなってます。年齢でしょうか?

でもなぜか、山をウロウロした後の疲れはあまり感じません。
人間って勝手なものです・・・(^_^;)


この日も自宅から魚魚屋道から。


DSC03212.jpg
山手幹線沿いの以前住んでたマンションを横に見て、甲南女子大の前を登って行きます。

この日はセンター試験の日でした。
小生の頃はまだ共通一次試験でしたな。もうほとんど記憶にありませんが。

DSC03214.jpg
魚魚屋道から少し外れて尾根道を行ってみました。最近はこっちからの方が多いかな。

DSC03215.jpg
毎度毎度のことですが、登り始めはやっぱりきついですなぁ。
スタートのペースが速すぎるんかなぁ。独りで歩いてる時は特に。

DSC03217.jpg
いつも見る分岐点。右に行けば魚魚屋道に再び合流して風吹岩に出ます。
以前一度左の道を途中まで行ったことがあるのですが、不安になって戻ってきました。

この日は左の道を行ってみました。

岡本上の保久良神社に出る道だと思ってたら、違ってた。

DSC03222.jpg

DSC03225.jpg
右の道から合流してきたわけですが、そのまま行ったところどうも違うきたしてきた。
この道は一度下ったことがある、薬科大のところに出る道でした。

というわけで、引き返す。
一旦下った道を戻るのはつらいものがありますが。

DSC03230.jpg
雪はありませんでしたが、ところどころが凍っていました。

DSC03228.jpg
恒例の自我撮りも。

DSC03227.jpg
ブラブラと、今度は間違いなく保久良神社へ。

DSC03231.jpg
まだまだ知らん道があるなぁ。

DSC03234.jpg
この石段の道は何度下りてもしんどいですな。

DSC03235.jpg
保久良神社

DSC03237.jpg
本殿から海を望む。

DSC03236.jpg
この日は保久良神社隣の梅林公園でランチ。
熱燗付。(熱燗はコンロで沸かしたもの)

DSC03238.jpg
あんまりよいお天気ではありませんでしたけど、少し運動できました。


この後岡本へ下りて、そのままブラブラと帰宅。

出発から帰宅まで交通機関の利用ゼロでの散歩となりました。
歩いたのは約10km。





あ~楽しかった。





いざ!涸沢へ!!!
さて、準備万端整えまして、新しいザックに新しいテントとシュラフとマットを詰め込んで、新しい靴を履いていざ出発!


9月の3連休という、夏休みを除けばたぶん最も混雑するであろう日をわざわざ選んでしまいました。

金曜日の夜、仕事から帰ってきてパッキングを終え、buhiさん宅経由で一路平湯温泉へ。

しかし、この時ザックの重量は18kgにもなっていたのでした。
この重量を担いで歩けるのか、という一抹の不安を抱えながらの出発。

交代で運転してあかんだな駐車場からバスに乗って上高地へ。

DSC02884.jpg DSC02885.jpg

DSC02886.jpg DSC02890.jpg
あ~、憧れの上高地。初めての上高地。ようやく来れました。

DSC02890_20120929134214.jpg DSC02892.jpg
河童橋を横目にまずはほぼ平坦な道を18kgの荷物を腰と肩にずっしり感じながら歩いていきます。

DSC02898.jpg DSC02900.jpg
いつもながら、お天気には恵まれるのよねぇ。

DSC02905.jpg DSC02907.jpg
雄大な山並みが胸を躍らせてくれます。

DSC02908.jpg DSC02910.jpg
徳沢で小休止。ソフトクリームで体力回復・・・・ってまだそんなに歩いてませんが。

DSC02915.jpg DSC02916.jpg
順調に横尾まで到着し、登りのスタート地点である本谷橋を目指します。

途中でいよいよ見えてきました。屏風岩。

DSC02922.jpg
これをぐるっと回っていくんですよね。

DSC02929.jpg DSC02933.jpg
本谷橋を渡るといよいよ登り道です。

とにかく本谷橋からの登りがとてつもなくしんどくて、ザックの重さが身体に食い込む、食い込む。
ほとんど写真も撮る余裕なし。

20657019a.jpg
モザイクの下は苦悶の表情!

DSC02936.jpg DSC02937.jpg
ようやく涸沢ヒュッテの旗が見えてきましたが、ここからがまた長い道のり。


もうあと一登り、もうそれを曲がったら・・・と自分をだましながら、なんとかかんとか到着。

DSC02940.jpg DSC02941.jpg

ヒュッテから見下ろしたテント場に感動。

DSC02944.jpg DSC02948.jpg
我々の別荘も早速建てた。奥がbuhi邸、手前がtyrori邸。

DSC02952a.jpg DSC02953.jpg
テント設営も終わり・・・事前に試し建てをしたおかげで、スムーズに建てられました・・・乾杯!

う~~~旨い!!!

夕食のメニューはもつ鍋(風)。フライパンは新調したプリムスのん。

この後、瞬間的に土砂降りに見舞われて一時それぞれのテントに退却。
もつ鍋もわがテントの軒先で雨宿り。

しばらくして雨も上がったので、夕食再開。
締めには中華そばも投入して満足な夕食でした。

DSC02963.jpg DSC02961.jpg
夕食を片付けて、しばしのドリンクタイム。
テントの灯りを眺めながら、buhiさん持参の焼酎で乾杯!


たぶんこの日は疲れもあって、午後7時半頃ににはダウンしたもよう。

途中、何度か目は覚めましたが、なんとか朝を迎えることができました。



DSC02979.jpg
二日目もすばらしいお天気に恵まれました。

モルゲンロート最高!


やっぱり、我々はどちらか、あるいはどちらもか?、晴れ男なのね。




あ~ええ山やった。




今度はもう一泊して奥穂か北穂へ登りたいですわな。




帰り道は多少重量が軽くなったとはいえ、往復34kmぐらい?は結構きつかった。





装備の軽量化を図らねば。




おまえの体重を減らすほうが早いぞ!・・・はいっ!わかっとりま・・・凹○コテッ






あ~よう歩いた。

buhiさん、ご一緒いただきありがとうございました。

物欲炸裂!
先日アメリカから到着したテントとマットに加え、物欲が炸裂した一ヶ月でした。

テントを買ったがために、今までのザックでは入らないことが判明。
テント行のために新たにザックを購入することに。

DSC02883.jpg
グレゴリーバルトロ75L

大きすぎるかな?と思いましたが、65Lのと重量もそう変わらないので、「大は小を兼ねる」か?!といっちゃいました。

当初はまたアメリカから送ってもらおうかと思ってましたが、9月の3連休に間に合わないかもしれないということで、国内に在庫があったこちらで購入しました。

キャンプスター
http://www.camp-star.com/

値段は国内価格の2割引ぐらいでしょうか。
助かるのは色やサイズ別に国内の在庫状況がわかること。色は赤にしましたが、注文して次の日には到着しました。

グレゴリーにしたのは、某店で背負ったときにグレゴリーが一番背中にフィットして重さを感じなかったから。




さらに物欲炸裂は続きます。

次のターゲットは寝袋。

昔から使っていたダウンの寝袋があったはず!と家の倉庫を探しましたが、見つからず。
実家が引越しした際に、捨てたんではなかろうかとの結論に。

ということで、モンベルの寝袋を発注。

DSC02882.jpg
U.L.スーパースパイラルダウンハガー#3




さらにさらに・・・次のターゲットは・・・・・

シューズ!

テント泊の装備の重量がそこそこになりそうなので、今までの軽登山靴ではよろしくないかと思って、思い切りました。

DSC02877.jpg DSC02878.jpg
ガルモント タワーアルファ

基本的にタワープラスと同じです。
IBS仕様のカラーとつま先にプラスアルファの仕様となっていることが違いくらい。
なぜか小生は子供の頃からIBSびいき。父親の影響かも。



さぁ、これで小生の年末までのお小遣いがほとんど消えてしまったわけですが、いよいよテントと寝袋を新しいザックに詰め込んで、憧れのお山に行くことになったのであります。








釈迦岳リベンジ
昨年の2月26日に雪の釈迦岳に挑戦しましたが、その時は途中のヤケオ岳で引き返しました。
今回は夏山ということで釈迦岳に再チャレンジ。

同行はいつものbuhi さんと。


DSC02621.jpg DSC02622a.jpg
JR北小松から登山口へ。

DSC02625.jpg DSC02628.jpg
雨は降ったりやんだりで、そんなにひどくありませんでしたが、とにかく湿度の高さが体力を奪います。

DSC02630a.jpg DSC02634.jpg
まず途中のヤケ山に到着。

DSC02642.jpg CIMG1842_20120716165325.jpg
ヤケオ山直下の急登。右は前回雪のヤケオ山直下。

DSC02646.jpg DSC02647a.jpg
ヘロヘロになりながらも、なんとか釈迦岳踏破!

DSC02653.jpg DSC02654.jpg
下りもしんどかったなぁ~(^_^;)

DSC02665.jpg
JR比良駅へ下山して、下りてきた山を見上げる。

DSC02666.jpg
梅田に戻って、大阪屋でお疲れさんの反省会。

この日の踏破距離は13.26km。






あ~よう歩いた。
だいぶ前の六甲山
いったいどんだけブログの更新サボってんねん!という今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

季節はようやく涼しく?なってきましたが、何か食べるとすぐに汗ショビレーヌの小生です。


さて、掲題の六甲山。
車関係の友人でもあるアキさんのお休みと久しぶりに重なったので、いつものbuhiさんと六甲山へ。

アキさんは六甲山(ロックガーデンから山頂へのゴールデンルート)は初めてと言うことなので、山ガールがたくさん出没して目の保養になるだろうとの邪推も含めて、阪急芦屋川駅からいざ出発。

お天気があんまりよろしくなかったからか、あるいは週中にぽつんとあった祝日だったからか、あんまり山ガールに遭遇せず。
アキさんはしきりに、「だまされた!」とのたもうておられましたが・・・(^_^;)


順調に風吹岩まで登ってきて記念撮影。

DSC02122a.jpg
一部で定番になりつつあるポーズ

DSC02130a.jpg
雨ヶ峠からドヒワリへのしんどいところもクリアして山頂へ

さすがにアキさんは若いだけあって、元気です。
(下りはまだあまり得意ではないようですが)

山頂では恒例のランチタイム♪

DSC02134.jpg
もちろんジュース付

CIMG6113a.jpg

昼食のときに先日買ったユニクロのウルトラライトダウンを披露しました。
山用やから目立つほうがよいかとレスキューオレンジ色にしたところ、buhiさんが「なんかチャーシューみたいやな・・・・・いやっ!明宝ハムや!」と笑いよる。

まぁ、体型的にはなんらの反駁できずに撃沈しましたが・・・明宝ハムがわかる人だけ笑ろうたってくだされ。
(T◇T)



下山路は有馬へ。

いつものかんぽの宿で汗を流して、バスで梅田へ。




失ったカロリーはその日のうちに補充。





CIMG6128.jpg
最近の定番反省会、岩崎塾でホルモン三昧。


CIMG6121a.jpg
豪快な人、約一名。



太融寺付近はいつも怪しげ。

CIMG6129_20111205095651.jpg
カレーのCoco壱のような風俗案内店。前はファミリーマートみたいやったと記憶している。




締めは古潭でラーメン。

CIMG6130.jpg

この日も無事に、消費カロリー<摂取カロリーとなった一日でした。(^_^;)







あ~美味しかった。




しかし、食べすぎ・・・凹○コテッ


Copyright © 大阪酔いどれ日記2. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈