サイレンサー
毎日少しの時間でも、なんとか吹く時間を作って練習しているトランペット。
帰宅するのがどうしても遅くなってしまったりすると吹けない日もあるのですが・・・。
というより、マンション住まいだといつ吹いても結構気を使うものです。

そんな人たちのためにヤマハのサイレントミュートやe-brassのミュートなるものがあるのですが、どうも吹き心地がよくないらしい。

というわけでプラクティスミュートを自作してみました。

DSC03240.jpg
用意したものは、コーヒーのアルミ缶とウレタングリップ。

DSC03241.jpg
そしてこんなものたち。

DSC03243.jpg
まずは缶の裏にドリルで穴を開けます。

DSC03245.jpg
穴の周りのバリ取りを兼ねてもう少し広げていきます。

DSC03251.jpg
ウレタンは飲み口の周囲にぴったりと接着。

DSC03250.jpg
開けた穴にゴムワッシャーを取り付けてゴムチューブを挿入。





そして完成。




DSC03253.jpg
材料費約300円のプラクティスミュート。




DSC03252.jpg
装着!






吹いてみた結果・・・・・。

ゴムチューブはいらんかった。あってもなくても音量変わらず。
ない方が息のとおりはいい感じ。

肝心の消音効果は結構いい感じ。
加えて息のとおりもよい。音程もしっかり取れる。





DSC03256.jpg






まだ改良できる点はあると思いますが、しばらくこれで練習してみます。





ちなみにこのプラクティスミュートの作り方は、こちらの方を参考にさせていただきました。
ありがとうございます。





あ~上手くなりたい

トランペット試奏
土曜日、ららぽーと甲子園の楽器屋さんでトランペットを試奏してきた。

__ 1
Schilke(シルキー)S32



44万円也・・・・・・・凹○コテッ & _| ̄|○ガクッ





むむむぅぅぅ<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!

レッスン開始・・・しております
いよいよ先日より本格的にラッパ(トランペット)のレッスンが始まっております。

DSC01558.jpg
梅田のドルチェミュージックアカデミーで♪

本格的にマンツーマンのレッスンを受けるのは中学生のときの英会話以来か。
いや、あの時はマンツーマンではなかったから、その前・・・。

小学生の時のピアノのレッスン以来でしたわ。

ピアノは一応「黄バイエル」卒業。



さぁ、これからはトランペットで頑張るで~♪

自分を追い込んでみる・・・続々編 キター!
本日は一ビル地下でちょい呑み。
結局、また銀座屋にも寄ってしまいました。
昨日だったらロラ先輩にも接近遭遇できたのにね・・・(^_^;)

さて、「自分を追い込んでみるシリーズ」の最終編。

キター!いろいろキター!!

DSC01557.jpg
まずはこれ!

とうとう入手しました、フリューゲルホルン♪

DSC01547.jpg
Vincent Bach Stradivarius 183S

中古での入手となりましたが、非常によい状態。
帰宅が遅かったので、ソローっとしか音出しできませんでしたが、ええかんじ♪ うん、ええかんじ♪

初めてのフリューゲルホルンですが、トランペットと比べるとこんな感じ。

DSC01549.jpg

手にしてから気がついたのですが、バックのフリューゲルも現行のクルトワと同じようにリードパイプからが真っ直ぐなんですね。

DSC01555.jpg DSC01551.jpg

ケースバック純正のもの。ダブルケースでした。



そして、もう一つ今日入手したもの。

DSC01543_20110726231328.jpg DSC01552.jpg
Gator トランペットセミハードケース

今週からスタートするレッスン用に購入。



頑張って、ロングトーン&ロングトーン&ロングトーン♪




あぁ、ええトランペットも欲しいなぁ~

新プロジェクト開始♪
とうとうスタートしました♪

DSC00790.jpg
おばさん&おっさんが久しぶりに楽器を吹いてみるプロジェクト♪

第一回は塚口のピッコロシアターの練習室でスタートです。

DSC00791a.jpg DSC00788a.jpg

ちなみに小生がフレンチホルンを吹くのは22~3年ぶり・・・(^_^;)

DSC00786.jpg

この日までになんとか楽器の掃除を済ませ、オイルとグリスを塗りなおして・・・・・。


さてさて、この関連ブログはいつまで続くことやら。




とにかく第二回の練習会は20日の日曜日♪





ロングトーンから頑張るB♭~♪

Copyright © 大阪酔いどれ日記2. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈