スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バレエの神髄
昨日、7月13日はバレエ鑑賞。

shinzuib.jpg
バレエの神髄2011


似合いません?
いえいえ、これでも結構芸術鑑賞はしてる方なんですよ~(^_^;)

実はバレエ鑑賞は生涯で二度目。
一度目はなんとニューヨークで。
高校生時代(実はアメリカに留学してたんです)、クリスマスの休みにニューヨークへ出かけたときに「くるみ割り人形」を観ました。

で、今回が二度目のバレエ鑑賞。



NHK大阪ホールでの公演。

DSC01504.jpg

会場はクラシックコンサートなんかとはちょっと違う雰囲気。
まず、男性比率の少ないこと。
で、多くがバレエ関係者だろうと思われること。

皆さん高い料金でもやっぱり観に来られるのね。
ちなみに小生の座った席は12,000円のS席・・・(llllll゜Д゜)ヒィィィィ



さて、肝心のバレエ。

今回の出演者は以下のパンフレットの通り。

shinzuib01.jpg
(ヴォルチコフに変わって、同じボリショイ・バレエのスクヴォルツォフでした)

正直、バレエでこんなに感動するとは思いませんでした。
(バレエファンの方、すいません)

プログラムの中で特に印象に残ったのは、

白河直子の「瀕死の白鳥」

ファルフ・ルジマトフの「シャコンヌ」と「ボレロ」

ナタリヤ・マツァークの「バヤデルカ」

などですが、意外にもコンテンポラリーの方に感動しました。

特にルジマトフはすごかった。
「シャコンヌ」は生のヴァイオリンとの共演ですばらしかったです。

ナタリヤ・マツァークは実は日本のコマーシャルにも出てたんやね。
説明文を見て思い出しました。
SMBC日興證券のコマーシャルに出てました。クラシックとモダンダンスとのコラボレーションという感じので。



バレエダンサーの全くといっていいほど無駄のない肉体で表現される動きは、どういうたらええんでしょう、生きるという動作を究極に突き詰めたらこうなるんじゃないか、という思いを描きました。

うーん、表現がへたくそで伝わらないかもしれませんが・・・。

特に、ルジマトフのコンテンポラリー・バレエで感じたのは日本の武道の中の居合いの演舞を観ているような感じもして・・・西洋の芸術だから騎士道の演舞なのかな。

なにか肉体の内側に訴えかけられてきているようで、本当に涙が出そうになりました。



クラシックバレエでは、小生はナタリヤ・マツァークが好き

綺麗だし、技術もすごかった。



そして、バレリーナが爪先立ちで踊ってるときのふくらはぎがクッと盛り上がるとこが好き
新たなフェチシズムを発見してしまった。




しかし、今回の公演で残念だったのは音響。
生オケでないのは仕方がないとしても、流された音源の録音状態の悪さと音響設備が悪すぎて・・・。





やっぱりゲージツは生(LIVE)を経験するのとしないのとは染み入ってくるものが違いますなぁ。






ええ経験させていただきました。
スポンサーサイト
秋吉敏子ソロピアノコンサート2010
久しぶりにコンサートに出かけてきました。

DSC00448.jpg

といっても、11月22日のお話。


秋吉敏子さん。
日本人初のバークリー音楽院への奨学生で、近年2006年にはジャズマスターズ賞も受賞された方。

80歳を越えたとは思えない力強いピアノと、軽快な語り口調。

DSC00450.jpg

あぁ~、やっぱり生の音楽はいいなぁ。

と感じたひと時でした。


サンケイブリーゼホールを出ると・・・。

DSC00454.jpg




街はすっかりイルミネーションの季節なんやねぇ~♪



紅葉がはじまった六甲山
11月6日、晴れ♪

DSC00262.jpg
今回は久しぶりの単独行。
いつものように阪神深江駅から魚屋道(ととやみち)を北上する。

DSC00263.jpg
登山道に入ってから少し行った所でいつもの蛙岩を経由する道ではない尾根道を登ってみることにする。

比較的経装備ということと(暑さが和らいで、携行する水の量を半分に減らしたこともある)、今回のテーマを「楽に登ってみよう♪」としたので、ゆっくりのペースで登り始めたつもりだったのだが・・・。

やっぱり最初の1時間はしんどかった。
何でだろうと思うほどにしんどかった・・・前日は缶ビール1本しか呑んでないのに・・・(-_-;)

DSC00266.jpg

この日は朝食を食べずに登り始め、「途中でおなか空いたら食べよ」と考えてたのも悪かったのかもしれない。

やっぱり動き始める前に食べておかなければ登りのパワーが出ないのかもしれない・・・

なんてことを考えながら風吹岩に到着。

DSC00270.jpg
8時頃だったと思うが、誰もいない。
ここが混みだすのはもっと後の時間だったっけ?

DSC00269.jpg
そして風吹岩で朝食。
朝日を浴びながらの玉子サンドは身体に染みこむぜ~!

元気を取り戻して山頂へ向かう。

DSC00268.jpg

この日はなんとなく、山頂までのゴールデンルートを辿ってみたい気になってたので、脇道にそれずに山頂へ一直線。

風吹岩から雨ヶ峠を経て、ドヒワリから七曲ととにかく山頂へ。
玉子サンドのおかげか、その後はさほどしんどさを感じないまま自分では好調に歩く。

DSC00275.jpg
で山頂はすすきで埋め尽くされてた。

DSC00277.jpg
そして、早く着きすぎた。
山頂でラーメンを食べようと思ってたのがまだ10時過ぎ。

さっきの玉子サンドと野菜ジュースもまだ頑張ってくれてるので、次の道を考えながらしばし休憩。

そのまま単純往復の道を辿って、雨ヶ峠あたりでラーメンとも思ったが、同じ道を下るのは面白くないので有馬へ下りることにする。

DSC00283.jpg
裏六甲の方がもう少し紅葉がすすんでいる感じ。

DSC00285.jpg
静かな山道を独り歩く。

DSC00286.jpg
もうすぐ有馬というところの手前にある東屋休憩所。
誰もいなかったので、ここでラーメンタイムとすることに。

DSC00287.jpg
ローソンのチキン南蛮弁当(お初)と日清麺職人(味噌)。
麺職人の「もうインスタントとはいわせない!」麺は小生の最近のお気に入り♪

食べ終わる頃に妙齢の男女ハイカー約15名がドヤドヤと休憩に入ってきて、ランチタイムになったので早々に片付けてお先に失礼する。

DSC00288.jpg
いつもの下山道からそれて、有馬稲荷への近道を入ってみた。

DSC00289.jpg
初めて来たわい。

この日は夕方から用事があったのでかんぽの湯で温泉を浴びずに帰路に着く。

DSC00291.jpg
でもバスが来るまでの合間のビールは忘れずに♪

DSC00292.jpg
以上、駆け足の六甲山トレーニングでした。


この日の踏破距離:約12km





帰宅してシャワー浴びて着替えて向かったのはこちら。

DSC00294.jpg
尼崎市のアルカイックホール

DSC00298.jpg
友人の娘さんが出演する尼崎市立中央中学校の定期演奏会でした。

Iさん、よいコンサートでした♪



あ~充実した休日でした。

冬が~♪来る前に~♪♪♪
飛び石連休最後の日。

前日は岡山へ行ってましたが、すごい風でしたね。夜、自転車で外出したら前に進むどころか、向かい風で後ろに下がりましたがな。

どんだけ体力落ちてるんでしょう・・・_| ̄|○ ガクッ

翌日は晴れてはいましたが、とても雲が低く広がっていたので、思わず高い所に上ってしまいました。

DCF_7949.jpg
(アクティ大阪の上から)

もう少し早い時間だと、もっと雲が広がっていて、なんか世界の終わりのような感じだったのですが・・・大げさか(^_^;)


さて、この日は久しぶりにコンサートに。

場所はこちら。

DCF_7958.jpg DCF_7960.jpg

新しくなったサンケイホールに入るのは初めてです。


出身地が同じ、「紙ふうせん」のお二人の歌を聴きに行ってきました。

DCF_7961.jpg

小生と同じく尼崎市出身のお二人は、最近関西での活動が多く、テレビでも生でも結構ご活躍されているのを目にします。

阪神間の居酒屋で唄っている(特にコンサートではない)お姿もチラホラとか・・・・・。


「紙ふうせん」の前身である「赤い鳥」は「オフコース」や「チューリップ」も出場していた第3回ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストに出て、グランプリを獲得したそうです。
この時、オフコース(当時は「ジ・オフ・コース」として)、チューリップ(当時は「ザ・フォー・シンガーズ」として)も出場していた)。財津和夫はオフコースを聴いて「負けた」と思い、オフコースの小田和正は赤い鳥を聴いて「負けた」と思ったという。
(ウィキペディアより)


小生も何度か近くで拝見したことがありますが、今や、お話しぶりは関西のおばちゃん、おっちゃんという感じですのに。


さて、コンサートの方は・・・・・

もちろん、彼らの持ち歌;

「翼をください」
「竹田の子守唄」
「冬が来る前に」 など、


あえて、古い音源で\(^o^)/


そして、彼らの新曲も素晴らしかったのですが、小生は彼らがトリビュートしたアメリカのフォークグループ、「ピーター・ポール&マリー」の歌も良かったです。

恥ずかしながら、PPMの事は知りませんでした。
でも歌を聴いたら知っている曲もたくさんありましたよ。


この曲はご存知の方も多いかも・・・・♪








マリー・トラヴァースさん、今年の9月16日に白血病でお亡くなりになりました。

素晴らしい歌をありがとう。

Copyright © 大阪酔いどれ日記2. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。